見習いアート

画塾に通って4年目の浪人生の私が、絵のこと・画塾の生活などをつらつらと書いていきます。

今回の静物デッサンは空間感を頑張る!

久しぶりのデッサン〜!!!😆


ずっと静物デッサンしてなくてめっちゃしたかったからできてよかった!


今回は空間感を一番出そうと頑張ってる。



モチーフは、脚立にクッションが挟まれていて、両側にびん、あと、脚立の下に芋とグレープフルーツが置いてある感じ。



場所取りじゃんけんであんまりいい場所とれなかったけど、がんばる!




でも、脚立が思ったより長い気がする…!


先生からは、隙間ではかるんじゃなくて、構造ではかりなさい、って言われた。


もっとモチーフの場所をよく観察しなきゃいけないや!




脚立の手前の脚と間のクッションとの間に隙間があるんだけど、そこの空間感を絶対出せるように頑張ろ!


この前「絵を描く悦び」を読んだから、空気を描くっていうのをすごい意識してる。


あと、よく言われる固有色。

いつも言われるから気にしながらちやんと進めていこう!






それから、昨日の芸大系モチーフ構成の講評がいきなり今日あったんだけど、


やっぱ昨年からずっと芸大系の平面構成をしてる人に比べたら劣るな〜って思った。


私も先生から描写力と構図はいい!っていわれたんだけど、細かいところの構成、ちょっとした隙間とか、苺(モチーフ)の向きとか。。。



それが昨年芸大受けた子はちゃんと考えられて構成されてた!


私も考えてやってはいる、って言われたけど、まだあまいって。



でも、やっぱり、平面構成でもデッサンでもなんでも、自分は何が描きたいかっていうことが大切。


それがないと、絵にならないから。


伝えたいことがないのって絵じゃないもん。




それは絶対忘れないようにしよ!


今回のデッサンも、結構空間が大事なデッサンだから、空間感を出す!っていうことを意識して描いてる!!!



明日は比率と構造を見直して完成まで頑張ります!



7/28