LIFE is ART

画塾に通って4年目の浪人生の私が、絵のこと・画塾の生活などをつらつらと書いていきます。

空間感を出すデッサン力

久しぶりの静物デッサン楽しかった〜!
明日も静物デッサンだけど(笑)


今回のモチーフは、脚立があって、その間にクッション、周囲にびん、グレープフルーツ、芋がありました。


昨日の記事でも書いたけど、今回は空間感を大切にしよう!と思って描いてて。


そしたら、先生も今日講評で、
「今回のモチーフは、結構隙間が多いから、空間感が大事。」って言われててたから、「おお!やっぱり!」みたいになって、ちょっとテンション上がった⤴️⤴️



しかも、私が空間感考えながら描いたからかもだけど、全部の作品の中でちゃんと空間感が出てるのは私のと、あともう1人のって言われた。


嬉しかったけど、ちょっと残念でもあった。


ほんとは、もっとバン!ってはっきり分かるような空間感を出したかったんだけど、そこまではできてなかったから…。


しかももう1人の空間感が出てる、って言われた子は、3年生から画塾に通い始めた子なのに、パッと見の印象が私の方が弱いっていうね。

質感とか密度は私の方があったけど、やっぱりパッと見の印象はめっちゃ大事。


黒のトーンの結構濃いのがあんまり入ってないからかな…。


もっとガシッと強く描けるように頑張らなきゃだー!!!


あと、空間難しい。。。

どうやったら空間のモノとモノとの距離感が出るんだろ。。。



でも私、デッサンする時も「空間よ、出ろ!出ろ!」みたいな感じで書いてた。


なんか、千住博さんが言ってたんだけど、ほんとに念じながらしたらその通りになっていくんだって。


だから、例えば、クッション描く時も「クッションのやわらかさ出ろ!」みたいなことを思いながら描けば本当にそんな風になるし、

手前に出っ張りがあるモチーフだったら、「手前に出てこい!」って思って描けば、そうなっていく。



これは本当だな〜と私も実感してます☺

だから、もし美大受験を控えている人とかいたら試してみてほしい!





今日の講評をちょっとまとめます。

  • 改善点
    • 全体的に印象が弱い
    • 瓶の固有色がイマイチ、もっと濃い
    • 台の影が汚くなってる。汚れたりさたところや、いらない線は消す。
    • 脚立の足が気持ち厚みがありすぎかも。
    • 瓶のカタチが少し違う。
  • 良かった点
    • 空間感が出ている。
    • クッションの質感
    • 脚立とクッションの中の光の関係性が美しい。


こんな感じかな?


明日もがんばろー!

何の課題なんだろ?


ここまで書いて更新してなかった!💦